3月8日は【国際女性デー(国際婦人デー)】中国語では何て言う?過ごし方は?

みなさん、3月8日は何の日か知ってますか?

日本ではあまり馴染みがありませんが、世界的には「国際女性デー」と制定されています。

今回はこの国際女性デーについてや、中国におけるその位置づけについて紹介します。

国際女性デーとは?

そもそも国際女性デーというのは、1904年3月8日にアメリカ・ニューヨークで婦人参政権を求めたデモが起源となり、1910年のコペンハーゲンでの国際社会主義会議で「女性の政治的自由と平等のために戦う日」と提唱したことから始まったそうです。その後、国連が1975年の国際婦人年において、『国際女性デー(International Women’s Day)』と制定しました。

イタリアでは「ミモザの日」と呼ばれ、この日に女性同士でミモザの花を贈りあう習慣があることが有名です。日本でも最近、この季節にはお花屋さんではミモザの花が並ぶのを見かけるようになりました。

中国における国際女性デーとは?

日本ではまだこの日を祝うという習慣は定着していないように感じますが、中国では、「(国际)妇女节(Guójì) fùnǚjié」と言われたり、最近では「女神节」「女王节」とも呼ばれ、“女性のお祭りの日”としてしっかり定着しています。(日本語の漢字にすると「婦人節」「女神節」「女王節」です。)

中国の国務院(日本の内閣にあたる)が公布している法規定では、以下の通りこの日は女性にだけ半日の休みが与えられることになっている。

第三条 部分公民放假的节日及纪念日:
(一)妇女节(3月8日),妇女放假半天;
(二)青年节(5月4日),14周岁以上的青年放假半天;
(三)儿童节(6月1日),13周岁以下的少年儿童放假1天;
(四)中国人民解放军建军纪念日(8月1日),现役军人放假半天。

http://www.law-lib.com/law/law_view.asp?id=469

午前中は出勤、午後は休んで退勤するということが多いようですが、そこは仕事なので、必ずしも休めるわけではなく、「早退なんてできるはずもなく…」という声もあるようです。

他にも、勤務先によっては、女性従業員にプレゼントも支給されます。

「妇女节」から派生した「女生節(女子学生の日)」もある

「婦女節」前日にあたる3月7日は「女生節(女子学生の日)」となっています。1980年代末頃に誕生し、2014年頃からネットのセールなどをきっかけに盛り上がりを見せた、比較的新しい記念日で、国が定めた記念日ではありません。

もともとの対象は「婦女=成人女性」ではなく「女生=女子学生」という位置づけで、大学生を中心としたものでした。ただ、ここ数年はホワイトカラーの若い女性たちの中には、敢えて3月7日を記念日として過ごす人も増えてきているようです。

国際女性デーを祝うなんて、日本よりずいぶん進んでいるようにも感じますよね。きっと共働きが当たり前で、女性の社会進出も進んでいるということも理由の1つかもしれません。


短期間でしっかり中国語を身につけたい方は、正しい学習方法についてプロの中国語学習コーチに相談することも可能です。無料のオンラインカウンセリングを受けて今後のトレーニング方法を決めるということも有効ですので是非相談してみてください。(無理な勧誘など一切ないので、ご安心ください。)

本気で中国語を学びたい方のみ募集中