中国語の数字の数え方・指の表現・縁起のいい数字まで 【カタカナ・動画付き】

キミ

数字は比較的簡単に覚えることができて、覚えるとコニュニケーションの幅がグッと広がるオイシイところ! ここでは基本の数字の読み方から、中国の文化に関する数字、市場やレストランで、はたまたSNSで、ガンガン使える便利な数字表現をご紹介します!

中国語の数字の読み方

1~10まで

中国語の数字の漢字表記は日本語と同じで、発音は以下のようになります。

漢字ピンインカタカナ
イー
èrアー
sānサン
スー
ウー
liùリウ
チー
バー
jiǔジウ
shíシー

11~99まで

11〜99までは、漢字で書いてみて、そのままの順番で読めばOKです!

例えば11なら「十一」なので「shí yī(シーイー)」、23なら「二十三」なので「èr shí sān(アーシーサン)」という具合です。なので1〜10までの読み方を覚えてしまえば、日本人にとっては感覚的に読むことができるので、朝飯前ですね!

100以上

まずは位(くらい)の読み方を覚えましょう!

漢字ピンインカタカナ
bǎiバイ
qiānチェン
wànワン
亿イー
zhàoザオ

100以上の数字の読み方では、いくつかのルールがあるので解説していきます!

ルールがあるとはいえ、数字の捉え方は上記の位に基づいていて、日本語と全く同じです。

大きな数字を言うときも、英語のようにミリオンとかビリオンとか、100000=one hundred thousand…ゼロいくつだっけ?なんて悩むことも全く無いので安心してくださいね!

中国語の数字の読み方のルール

100以上のときは「一」をつける

日本語では10は「じゅう」、100は「ひゃく」、1000は「せん」と言うのに、10000になると「いちまん」と「いち」がつきますよね。

中国語では、10は日本語と同じで「十」=「shí シー」、でも100は「一百」=「yì bǎi イーバイ」、1000は「一千」=「yì qiān イーチェン」と言い、100以上は最初に「一」をつけます。

ただし、312のように間に十が挟まれている場合には、「三百十二 sān bǎi shí èr サンバイシーアー」ではなく「三百一十二 sān bǎi yī shí èr サンバイイーシーアー」と十の位にも「一」がつくので注意しましょう!

er「アー」とliang「リャン」の使い分け

中国語の「2」について、基本的にはナンバリングする序数は「二 èr アー」、量を示す時は「两 liǎng リャン」を使います。

キミ

中華料理屋さんで、「2個」を「リャンコ」と言っているの聞いたことありませんか?「お水リャンコ」とか。あれは2杯分という量を示しているので「两 liǎng リャン」を使います。もし、「2番セットをください」というように、ナンバリングされているものであれば「二 èr アー」です。なので、ホテルの部屋番号なんかは、、、そう!ナンバリングだから「二 èr アー」ですね。

2は単独の場合「二 èr アー」ですが、後ろに量詞がつく場合と百以上の位がつく場合は「两 liǎng リャン」に変化します。

2は「二 èr アー」、20は「二十 èr shí アーシー」、200は「两百 liǎng bǎi リャンバイ」、2000は「两千 liǎng qiān リャンチェン」となります。

万以降も同様。220は「两百二十 liǎng bǎi èr shí リャンバイアーシー」となります。

また、「2時」というように時間を表す時は必ず「两 liǎng リャン」を使うので、覚えておきましょう。
2時=两点 liǎng diǎn (リャンディエン)

間にある「0」は発音する

ちょっとややこしいのが「105」のような真ん中に0のある数の読み方です。

105は「一百五 yì bǎi wǔ イーバイウー」かと思いきや、中国語で「一百五」と言うと「150」の意味になってしまうんです!これは「一百五」の後の「十」を省略する習慣によるもので、中国語では「一百五」も「一百五十」も同じ150を意味します。

じゃあ105はというと、真ん中の0を発音して「一百零五 yì bǎi líng wǔ イーバイリンウー」と言います。

同様に「一千五 yì qiān wǔ イーチェンウー」= 1500、「一万五 yí wàn wǔ イーワンウー」= 15000の意味になります。1005は「一千零五 yì qiān líng wǔ イーチェンリンウー」で、ポイントは間に0が何個あっても「零」は一回というところです!

1をyaoと読む

中国語の「一」には「yī イー」と「yāo ヤオ」の2つの読み方があります。

通常は「yī」を使いますが、「部屋番号」や「電話番号」などの番号を言うときだけは「yāo」を使うのが一般的です。

一(イー)と七(チー)を聞き間違えやすいからというのが理由みたいですね。

日本語でも0を「ゼロ」「レイ」「マル」と言ったりするのと同じ感じです。

中国語の数字の指での表し方

中国では数字手势と言って、1〜10までの数字を片手の指文字で表現する習慣があります。1〜5までは日本と一緒。6〜10は日本にはないので、ぜひ覚えて実際に使ってみましょう!

          1

           2

           3

           4

           5

           6

           7

           8

           9

           10

想像してみてください。中国で颯爽とレストランに入り、ちょっと遠くにいる店員にサッと指文字で「6人」と示す自分、ちょっと通っぽくてカッコよくないですか?

動画の解説もあるので、こちらも確認してみてください。

中国語で縁起のいい数字・悪い数字

縁起のいい数字・悪い数字というのは世界中どこでも存在しますが、中国人の数字へのこだわりは結構すごいです。縁起を担ぐため、常日頃から数字をとても大事にしているんですね。

縁起のいい数字

中国で縁起のいい数字といえば筆頭はなんと言っても「8」です!

日本でも末広がりなので縁起がいいとされていますよね。中国では、広東語の8が发财の发と同音であることから香港で縁起がいいとされ、それが大陸へ伝わったと言われています。

中国人がどのくらい8を愛しているかというと、北京オリンピックは2008年8月8日夜8時8分に開幕、8のつく電話番号や車のナンバープレートは通常よりだいぶ高値で売られているという具合です。

キミ

ちなみに私は中国のとある飲食店で、その店のwifiを使いたくて、とりあえず「88888888」とパスワードを入れてみたところ繋がったという経験があります。

「9」も縁起がいいとされています。久と同音であることから、恋人同士の行事や結婚式のお祝いなどで「幾久しく」「永久に」という意味でよく使われます。ご祝儀に999元包んだり、99本のバラを送ったりという具合ですね。

「6」も縁起がいい数字とされています。溜(順調に運ぶ)と同音のため、六六大顺(万事順調に運びますように)などと言います。また最近では、アラビア数字の6の形が親指を立てたGood! に似ているとも言われています。

縁起の悪い数字

まずは「4」です。日本と同じで、死と同音のため嫌われます。電話番号や部屋番号では、14や74などの並びを避ける人もいます。14 =「要死 yào sǐ」、74 =「気死 qì sǐ」に通じるためです。語呂合わせですね。

それから「5」も縁起の悪い数字とされています。無 (wú ウー)と同音で、何もない、お金がないというイメージからです。また「3」は散(sàn サン)も散財や離散に通じることから嫌われています。有名なタバコの555は中国では三五(sān wǔ サンウー)と呼ばれていますが、果たして売れているのだろうか…。

中国語の数字を実際に使ってみる

西暦・月・日の読み方

漢字ピンインカタカナ
niánニェン
yuèユエ
hàoハオ

西暦は「一文字ずつ」読みます!

1984年なら「イー・ジウ・バー・スー・ニェン(年)」、2020年なら「アー・リン・アー・リン・ニェン(年)」です。

月は日本と同じで1月〜12月で表現します。日も同様、数字が読めれば後ろに月/号をつけるだけです!簡単ですね!

ちなみに日は書面では日「rì リー」と書くことが多いですが、口頭では号「hào ハオ」というのが一般的です。「rì」は言いにくいので助かります。

100元、1000元の読み方

漢字ピンインカタカナ
yuánユェン
元钱yuánqiánユェンチェン
kuàiクァイ
块钱kuàiqiánクァイチェン

「元」と「 块 」、「 元钱 」と「 块钱 」はどちらも同じ意味です。

口頭では块や块钱を使うことが多いですね。100元なら「yì bǎi kuài イーバイクァイ」、1000元なら「 yì qiān kuài イーチェンクァイ」と言います。

中国語の数字のスラング

古典的なスラング

520(wǔèrlíng ウーアーリン):愛してる!

我爱你(wǒàinǐ)に発音が似ていることから使われます。バレンタインデーや恋人の誕生日には、520のメッセージと一緒にwe chat payやAlipayで红包(金一封)を送ります。

1314(yìsānyísì イーサンイースー):一生一世! 

「一生」や「一生に一度」を意味する一生一世(yìshēngyíshì)に発音が似ていることから、こちらも恋人の記念日に使われます。

红包というお金を送ったり、お金がある人は1314本のバラを贈ったりもします。2013年1月4日は、婚姻届を提出する人で役所が大変な騒ぎだったとか。

250(èr bǎi wǔ アーバイウー):バカ

諸説ありますが、昔銀一封は500両だったので、250だと半封=半疯(頭が半分おかしい)に通じるとしてこういう意味になったと言われています。

この場合250を「リャンバイウー」と読まず「アーバイウー」と読むのもポイントです。買い物などでうっかり言わないように気をつけましょう。

13/13点(shí sān シーサン、shí sān diǎn シーサンディエン):バカ

上海とその近郊で使われるスラングです。時計は12時までしかないのに13回鐘を打つバカ、12時までしかないので13は空虚・デタラメ、など諸説ありますが、とにかくバカという意味で使われます。

*数字を使った「バカ」、あまり良い表現では無いので使う必要はありませんが、見たときに理解できるようにだけしましょう。

ネットスラング

233:(笑) 

ネットスラングなので、実際口に出して「èr sān sān アーサンサン」ということはありません。中国の有名ネット掲示板の笑った顔文字の番号が233だったことから、wwwをあらわすようになりました。

666:ナイス!すごい!うまい! 

縁起のいい数字で紹介したように、6には順調という意味合いがあります。なのでゲームで相手がファインプレーした時などには6666666666の弾幕を送るんですね。wechatのスタンプでもよく見かけます。

555:(泣) 

「wǔwǔwǔ ウーウーウー」と読み、むせび泣く声を表現しています。直播(zhí bō ズーボー:ライブ中継)などで悲しい場面や残念な場面に出会ったら、5555555の弾幕を送信してみましょう!

88:バイバイ

英語のbye byeって「バイバイ」じゃなく「ババーイ」に近いですよね。中国語でも電話切る時なんかに「好,拜拜~(ハオ、ババーィ)」って言うんです。

9494:そうそう

就是就是(jiùshìjiùshì)と音が似ていることから、「そうそう」「まさにそれ」みたいなニュアンスで使われます。

まとめ

中国語の数字表現について読み方・文化・スラングをご紹介しましたが、いかがでしたか?読み方のルールがややこしい…と感じるかもしれませんが、とにかく目に入った数字をぼそっと口に出してみてください。そして、実際に使っている自分を想像してみてくださいね!数字がわかれば、話せることが一気に増えますよ!


短期で中国語力を身に付けたい方はプロの学習コーチに相談をすることをおすすめします。
無理な勧誘など一切ありませんので、安心してご相談ください。

ABOUT US

キミ
神奈川県出身。高校の卒業旅行で行った雲南省のニイハオトイレで中国の大ファンになり、大学時代に北京に留学。一般企業、病院、老人ホームなど迷走していたところを今の中国人社長に拾ってもらい、現在中国の取引先と日々格闘中。純日本人ながら独学で中国語を習得し、ビジネスでも中国語を駆使している。