「不」と「一」はいつ、どのように声調が変わる?声調変化のルールを説明

中国語の勉強をしていると、あれ?この声調は習った声調と違うぞ…と思うことがありますよね。

漢字の中には、後ろに続く漢字の声調によって、声調が変わってしまう漢字があります。

伊地知

ここではそんな漢字「不」と「一」の声調変化について説明します。

この記事を読み終わったら、「不」と「一」がいつ、どんな風に声調が変わるかがわかり、自信を持って発音できるようになります。

それでは早速見ていきましょう。

「不」の声調変化

“不bù”は「~しない、~でない」という否定の意味を表す副詞で、本来の声調は第四声です。

ただし、“不bù”は後に続く音が第四声のときには、“不bú”と、第二声に声調変化します。

例)不会bú huì(ありえない)、不贵bú guì(高価でない)

+第一声変化なし
+第二声変化なし
+第三声変化なし
+第四声第二声に変化

「一」の声調変化

“一”は本来“yī”と第一声で発音されるますが、この本来の第一声で発音されるのは以下の場合です。

  1. 順序を表す場合
    例:第一次 dì-yī cì(第1回、初めて)
  2. 単体で用いる場合
  3. 単語の末尾に来る場合
  4. “十”の前に来る場合

逆に言うと、これらの場合以外は本来の第一声で読まれることは無く、声調が変化します。具体的には以下の通りです。

+第一声第四声に変化
+第二声第四声に変化
+第三声第四声に変化
+第四声第二声に変化

後ろに来る音が軽声(軽く短く添えるように発音する音)の場合、その軽声の元の音が反映されます。

例)“一个”の“个”は軽声ですが、辞書にはgè【个(個・箇)】と表示されているように、本来は第四声の単語が軽声に変化したものなので、“一”は第二声になり、“一个yíge”と発音されます。

声調変化の時にピンインの声調符号はどうするの?

辞書などでは多くが“不bù”と“一yī”について、本来の声調で表記されています。

一方で、中国語の教科書やテキストでは、声調変化の実態に合わせて、ピンインの声調符号を変えて表記することが多いです。

国家基準としてピンイン表記のルールを定めた“汉语拼音正词法基本规则”に「声調はすべて本来の声調を記し、声調変化は表記しない」とされていますが、付則として「音声教学では必要に応じて声調変化を反映させても良い」とされているため、辞書と教科書・テキストの表記が一致しないということが発生するようです。

結局どうやって覚えたら良い?

こうなって来ると「こんなたくさんの法則を覚えられるか!」となりそうなので、結局どうやって覚えるのが良いかもお伝えします。

「不」も「一」も基本的に第四声で発音するけど、後ろに続く音が第四声の時は第二声で読む!

これで覚えましょう。その上で上述した「一」を本来の第一声で読む場合をインプットすればOKです。

中国語に限らずですが、まずはベースを覚える。その上で例外を少しずつ覚えていくという方法が良いです。


中国語力を一気に底上げしたい、確実に中国語力を伸ばしたいという方は、プロのコーチと一緒にトレーニングを行うことをおすすめします。無理な勧誘などは一切ありませんので、一度無料のカウンセリングを受けてみてください。

ABOUT US

伊地知太郎
中国語コーチングの第一人者
大学在学中、中国の北京師範大学に留学し、1年で中国語力をビジネスレベルにまで高める。帰国後、三菱重工業株式会社にて海外人事・資材調達業務を経験。その後、語学コーチングスクールPRESENCEにて700名以上の受講生の語学学習をサポート、コーチの育成や中国語コースの立ち上げを経て、語学コーチングスクールthe courage(カレッジ)を設立。