語学学習には近道はなく、ちゃんとした計画をもって学び続けることが大事

事務局

語学コーチングサービスthe courage(カレッジ)の受講生へのインタビューを掲載します!

伊地知

語学は筋トレやスポーツと似てますね、逃げずに立ち向かった勇気が素晴らしいです!

  • ご受講した方:佐藤 聡 さん
  • お勤め先:セブン&アイ ホールディングス サステナビリティ推進部 シニアオフィサー
  • ご受講コース:中国語LV.2

the courage(中国語のコーチング)に参加された目的

成長著しい「中国」をもっと知りたいと思い、そのためにも中国語を学びたいと思いました。

また、仕事の上でも中国の方々の前で話す機会があり、丸暗記した自己紹介文以上のことを話したいと思ったからです。

the courage(中国語のコーチング)を受講された感想

毎週出される課題は相当な分量で、正直きつくてめげそうになったことも数回、、、笑

中国語はまったく勉強したことがなく、単語、文法と入門編からでしたが、始めは単語の暗記や発音にかなり苦労しました。

ただ、スポーツでも筋トレや素振りのような地道な繰り返しの基礎固めがあってこそ華麗なプレーができるのであって、近道はないなあと腹を決めて短期間で集中的に繰り返し自分の頭にインプットをし続けたことで徐々にインプットが増えていくのを実感できました。

また、学習記録アプリを通じでthe courageを受講している他のメンバーの学習状況も見えるのですが、年齢や職業は違うとはいえ、同じ目的でレベルもほぼ同じだったので、ライバルでもありつつ、一緒に頑張る同士のような気持ちもあり、とても良い刺激になりました。

その時のメンバーや担当コーチと今だに交流があります。

コーチの対応はいかがでしたか?

中国留学、そして勤務経験も持っていらっしゃるので、実務・経験に裏打ちされた的確なアドバイスを頂くことができました。

また、私の学習状況もしっかり把握されていたので、短時間であっても、セッションでの気づきは非常に大きかったです。

そして、なりより伊地知コーチのさわやかな、まっすぐな目で「佐藤さん頑張りましょうね」と言われると、「まずいっ~、やらなきゃ。。」と思わせてしまうものをもってらっしゃいます。

お仕事と語学学習の両立はどのように行っていましたか?

なかなか時間の確保が難しい面もありましたが、通勤電車(片道50分)や週末まとまった時間を確保したりしていました。

自分なりに意識的に時間を確保しようとしたことは、日常のタイムマネジメントをより意識するきっかけになりました。

受講前と受講後で変わったことはありますか?

あらためて、語学の学習方法には近道はなく、ちゃんとした計画(日次に落とし込んだスケジュール)をもって学び続けることが大事だということがセットできました。
少しずつでも今後も中国語の勉強を継続していきたいと思います。

the courage(中国語のコーチング)を検討している方へのメッセージ!

特に忙しい社会人が新しい語学を学び始めるには、踏ん切りと、学び始めてからのペースメーカーが必要です。
やるからには、しっかり基礎を固めて進めたい。ペースメーカーが欲しいという方には絶対お勧めです。

無理な勧誘など一切ございませんので、是非一度コーチとお話しください。