iPhoneで中国語をピンイン入力・手書き入力する設定方法・意外と知らない声調記号の入力方法も!

ピンイン入力&手がき入力で中国語を入力するための設定方法

ピンイン入力でも手書き入力でも、設定については共通なので、ここではその共通の設定方法について順に説明していきます。

「設定」をタップ

「一般」から「キーボード」へ

一般の中にあるキーボードをタップします。

「キーボード」から「新しいキーボードを追加」へ進む

「キーボード」をタップすると以下の通り「新しいキーボードを追加」が出てくるので、これを選択します。

言語一覧から「簡体中国語」(or「繁体中国語」)を選び、「拼音」と「手書き」を選択

必要な言語を選択しますが、いわゆる一般的な中国語(標準語である普通话)の場合は「簡体中国語」を選びます。もし台湾などで使われる難しい漢字の「繁体字」を入力する必要があれば「繁体字」を選びましょう。

ここでは「拼音QWERTY」(ピンインのことです)と「手書き」を選択します。

キーボードの中に選んだ上記2つが入っていることが確認できます。

iPhoneで中国語をピンイン入力する方法

ここからは実際に中国語をピンインで入力する方法を説明していきます。

文字を打つ画面で地球マークを長押しして「简体拼音」を選択

ピンインを入力すると、候補が出てくるのでその中から目当ての漢字を選択

例えば「我」と入力したい場合は「wo」と入力するのですが、「我」はよく使われるので、「w」を入力したら一番最初に候補の漢字として挙がってきます。

iPhoneで中国語を手書き入力する方法

ここからは、ピンインがわからない漢字の入力もできる「手書き入力」の方法を説明します。

文字を打つ画面で地球マークを長押しして「简体手写」を選択

「手写」というのが「手書き」のことです。

自分の指で入力したい文字を書くと、その字を元に候補の漢字が出てくるので、目当ての漢字を選択すると入力ができます。

iPhoneでピンインの声調符号(記号)を入力する方法

ここからは意外と知らない人も多いiPhoneを使った声調符号(記号)付きのピンインを入力する方法を説明します。

文字を打つ画面で地球マークを長押しして「简体拼音」を選択

子音についてはそのまま入力で、母音は長押しで声調符号(記号)を入力

子音についてはそのまま入力するのでわかりやすいのですが、声調符号(記号)がつく母音については長押しをすることでどの声調にするかを選ぶことができます。「wǒ」と入力したい場合には、まず「w」を入力したあと、「o」を長押しして、「ǒ」を選択します。

最後に

中国語についても今はタイプ打ちやスマホでの入力が非常に多いです。

また、中国語を勉強している人であれば「手書き入力」や「声調付きのピンイン入力」を行うケースも多いと思います。是非使い慣れてしまいましょう。


入力方法を使いこなすにあたり、中国語力を一気に底上げしたいという方は、プロのコーチと一緒にトレーニングを行うことで語学力を飛躍的に伸ばすことが可能です。無理な勧誘などは一切ありませんので、一度無料のカウンセリングを受けてみてください。

ABOUT US

伊地知太郎
中国語コーチングの第一人者
大学在学中、中国の北京師範大学に留学し、1年で中国語力をビジネスレベルにまで高める。帰国後、三菱重工業株式会社にて海外人事・資材調達業務を経験。その後、語学コーチングスクールPRESENCEにて700名以上の受講生の語学学習をサポート、コーチの育成や中国語コースの立ち上げを経て、語学コーチングスクールthe courage(カレッジ)を設立。

本気で中国語を学びたい方のみ募集中