【中国人の名前 vol.3】どんな名前が人気?男性・女性の名前のトレンド

中国人の男性・女性の名前のトレンド

日本でも2000年以降、キラキラネームと呼ばれるものが増えてきています。一方で「昭和っぽい」などと評される名前もあり名前の付け方にも流行りすたりがあります。

名字(姓)は代々受け継ぐものなので大きな変化はありませんが、「名前」は出生年や世代によって変化が見られます。

ここでは最近中国で人気がある名前と名前のトレンドの変化を見ていきます。

まずは、2019年に中国の戸籍に登録された新生児は1,179万人で人気のある名前を男女別にランキング形式でご紹介!

男の子の人気名前ランキング(2019年度)

順位簡体字ピンイン日本語表記日本音読み人数(人)
1浩宇hào yǔ浩宇ハオ ユー20,102
2浩然hào rán浩然ハオ ラン18,527
3宇轩yǔ xuān宇軒ユー シュェン17,070
4宇航yǔ háng宇航ユー ハン14,142
5铭泽míng zé銘沢ミン ヅァ13,688
6子墨zǐ mò子墨ズー モゥ12,665
7梓豪zǐ háo梓豪ズー ハオ12,355
8子睿zǐ rùi子睿ズー ルイ10,545
9子轩zǐ xuān子軒ズー シュェン10,514
10梓睿zǐ rùi梓睿ズー ルイ10,335

女の子の人気名前ランキング(2019年度)

順位簡体字ピンイン日本語表記日本音読み人数(人)
1一诺yī nuò一諾イー ヌオ27,778
2依诺yī nuò依諾イー ヌオ21,926
3欣怡xīn yí欣怡シン イー21,134
4梓涵zǐ hán梓涵ズー ハン20,862
5诗涵shī hán詩涵シー ハン20,393
6欣妍xīn yán欣妍シン イェン15,651
7雨桐yǔ tóng雨桐ユー トン14,761
8佳怡jiā yí佳怡ジャ イー12,207
9佳琪jiā qí佳琪ジャ チー11,847
10梓萱zǐ xuān梓萱ズー シュェン11,613

新生児の名前によく使われる漢字ランキング(2019年度)

順位簡体字ピンイン日本語表記日本音読み
1zǐ ズー
2zǐ ズー
3ユー
4ヅァ
5hánハン
6chénチェン
7jiāジャ
8yī イー
9xīnシン
10yǔ ユー

【中国人の名前 vol.2】性別の区別はある?人気の姓名ランキング!の記事にある「中国人の名前によく使われる漢字ランキング」と比較すると、違いがよくわかります。

ピンインが「zǐ」「hán」「xuān」「chén」の名前が多いですが、これは中国はもちろん、海外のテレビドラマやゲームの人気キャラクターの名前に影響を受けており、キャラクターの名前の漢字のピンインと同じ漢字を探して命名しているケースが増えているようです。

メディアの発達とともに、名前のリソースも大きな変化があるようですね。

中国語の名前のトレンドの変化

名前が長くなっている?

中国人の姓名の文字数は、少数民族以外は2文字から4文字であることがほとんどです。

多くの組み合わせは、2文字の場合「単姓単名」、3文字の場合「单姓双名」or「複姓単名」、4文字の場合は「複姓双名」で4文字以上は珍しい名前となります。

フミコフ

単名は一つの漢字の名前、双名は複数の漢字を組み合わせた名前のことです。

現在、中国人の姓名の約85%は3文字で、2文字の姓名は14%余りとなっています。

また2019年新生児の姓名の文字数を見ると2文字の姓名はわずか4.5%となっており、今後も2文字の姓名は減っていく傾向が続くと思われます。

逆に父方の名字(姓)と母方の名字(姓)を組み合わせた新しい2文字の名字(姓)は増加すると思われ、今後は徐々に4文字の名前は増えていくのではないかと想定されます。

名前に使用される漢字の変化

中華人民共和国建国前後から現在まで、中国人の名前に使用される頻度の高い漢字の変化を追ってみました。

時代区分流行の漢字特徴
1949年以前
(建国以前)
福、禄、富、贵、寿、喜、安、顺平安、順調、富裕、幸福、長寿をイメージさせる漢字が多い
1949-1966年
(建国後)
华、国、建、民、新、生、庆、解、放中華、建国、解放など、建国をイメージさせる漢字が多い
1966-1976年
(文革期)
文、红、梅、军、东、立、斌、卫、兵、革文化大革命をイメージさせる漢字が多い
1980年以降【男性】:伟、涛、磊、鹏、强、凯、辉 
【女性】:玲、芳、静、丽、曦、莹、娜
・使用される漢字の多様化が始まる。
・子供への願いを込める名前が増え始め、男性は力強さを形容する漢字、女性は美しさを形容する漢字が増える。
・漢字一文字の名前が多かったため同姓同名者が急増し、トラブルも多かった。
1990年以降【男性】:伟、超、勇、杰、飞、宇、鑫 
【女性】:娟、艳、芳、雅、雪、倩、珊
・1980年の流れを引き継ぎながら、漢字二文字や「丹丹」「丽丽」「玲玲」など漢字を重ねる名前が増え始める。
・漢字二文字の名前場合、一文字は親から取り、もう一文字は子供への願いを託す名前が増加した。
2000年以降墨、涵、纤、若、楚、子、萱、梓、璇、雨、桐、欣、一、晨・個性的で他人と違う漢字やテレビドラマやゲームのキャラクターと同じピンインの名前などが人気となる。
・使われる漢字に男女差がなくなってている。

建国後や文革期は政治的要素の強い名前が多く、改革開放後は名前の多様化と2文字以上の名前の増加が進み、2,000年前後からはメディアの発達とともに海外ドラマやゲームの影響を受けていることが見て取れます。

名前が中国の世相を反映しているとなると、名前の付け方(取名: qǔ míng)も中国文化の一つと言えそうですね。


集中して本気で中国語習得を目指す場合は、プロの中国語学習コーチと一緒にトレーニングを行うと語学力を飛躍的に伸ばすことが可能です。無理な勧誘などは一切ありませんので、一度無料のカウンセリングを受けてみてください。

ABOUT US

フミコフ
ネット試験ウォッチャー
幼少からのジャッキー・チェン好きが高じ中国に興味を持つ。大学卒業後、広州に約1年留学。帰国後は派遣で経験を積み事務職のエキスパートに。2011年7月から縁あって中国語を使う仕事に巡り合い再び中国へ渡る。上海、深圳、広州でコンサルティング営業を約4年半行い、日本に帰任するも激務に耐えきれず退職。現在は「自分のできることだけをやる」フリーランス。結果、中国に深くかかわっている。

本気で中国語を学びたい方のみ募集中