2022年ニュースから日常語化した中国語の流行語!破防・打工人・神兽・飒

2022年ニュースから日常語化した中国語の流行語!破防・打工人・神兽・飒

大家好!第1弾、第2弾に続き、中国の流行語の中でも殿堂入りで、日常語にかなり定着してきた言葉を紹介します。常用漢語の辞書に出てきてもおかしくないレベルのものを厳選したので、どんどん活用して、会話を盛り上げましょう!

第1弾では【内卷・躺平・摆烂】、第2弾では【凡尔赛・社交牛逼症・种草・真香・割韭菜】を紹介しました。

今回の記事では中国語ネイティブの筆者が

「破防(pò fáng)」「打工人(dǎ gōng rén)」「神兽(shén shòu)」「飒(sà)」 

について紹介します。

紹介する言葉を選んだ基準は以下の2点です。

  • 流行語とはいえ、使えるシーンが多いこと!友達同士の会話でもフォーマルな場面でも使ってOK!
  • 老若男女問わず、多くの人が知っていて、これから先、少なくとも5~6年はこの言葉を使って不自然に思われることがないはず!

破防(pò fáng) 

元々はゲームの中で使われる言葉で、相手の防御を突破するという意味の言葉です。

そこから転じて、心の防御線が破られる、つまり「心が動いてしまい、思わず涙をこぼしそうになる時」に使われるようになりました。

今年は本当によく聞く言葉で、「感动(gǎn dòng)」などと同じように、元々辞書に載っているものかと思うくらいでした! 

看到隔离区医护人员不眠不休地工作,我破防了。
(kàn dào gé lí qū yī hù rén yuán bù mián bù xiū de gōng zuò , wǒ pò fáng le。)
(病院の)隔離エリアの中で寝ずに休みもせずに働いている医者や看護師の姿をみて、思わず涙をこぼしそうになった。

コロナ禍で、今年はやはりこのような文章をよく見かけましたね。

あとは、例えば以下のような慣用表現も自然です。

居家隔离了1个多月,看到草地的时候,差点破防。
(jū jiā gé lí le yí gè duō yuè , kàn dào cǎo dì de shí hòu , chà diǎn pò fáng 。)
1ヶ月以上も家の中に隔離されていて、芝生を見た時には涙が出そうだった。

看到他们恶劣的隔离环境,我瞬间破防。
(kàn dào tā men è liè de gé lí huán jìng ,wǒ shùn jiān pò fáng 。)
彼らの隔離された環境の汚さをみて、一瞬で涙が出るほどだった。

使い方としては「感動」(感动/gǎn dòng)と同じように思われますが、あくまで動詞として使われます。「我很感动(wǒ hěn gǎn dòng/私は大感動しました)とは言えますが、「很破防」とは言えません。

打工人(dǎ gōng rén)

“打工”は「アルバイト」を意味するので、“打工人”は「働く者」、「雇われ人」を意味します。

ただ、一般的な日本語の「アルバイト」とは異なるニュアンスを持ちます。

第一弾で学んだ“内卷(nèi juǎn)”や“躺平(tǎng píng)”を覚えていますか?

階級、貧富の差がどんどん拡大され、皆“躺平(tǎng píng)”の状態になり、そこから更に“摆烂(bǎi làn)”の状態になり、、、自暴自棄のような気持ちが増す中、この“打工人”には自虐的なニュアンスがあり、この呼び方がそうした気持ちを受け止めるような働きをも果たしました。

「なんだ、工事現場で汗を流す労働者も、オフィスでエアコンに浸かるOLも、所詮みんな雇われ者、ただのアルバイトではないか!」というニュアンスですね。

打工人,打工魂,打工人是人上人!
(dǎ gōng rén , dǎ gōng hún , dǎ gōng rén shì rén shàng rén !)
バイトの者、バイトの魂、バイトの人間こそ上人様!

このような自虐的でもユーモアなスローガン(語呂合わせ)も、よく耳にします。

今度上司に叱られた時は、こっそりと心の中で以下のように自分を慰められるかもしれません。

哼,他不过也是一个打工人!
(heng , tā bú guò yě shì yí gè dǎ gōng rén!)
ちぇっ、彼も所詮(会社にとってはただの)アルバイトじゃないか。

神兽(shén shòu)

これは古代神話に出てくる神獣の意味ではなく、子供(特に小学生)に対する「爱称(ài chēng)」となりました!特にコロナ時代に入り、学校が休校になることが頻繁になり、家では体力が有り余って元気な子どもたちをもつ親にとって、子どもはもはや手に負えない小野獣に見えたのですね。

糟了糟了,又上网课了,神兽又砸手里了!
(zāo le zāo le , yòu shàng wǎng kè le , shén shòu yòu zá shǒu lǐ le!)
大変大変、またオンライン授業になった、怪獣がまた手元に残されてしまった!

コロナ禍で、中国人の親たちにとってはコロナよりも怖いのが、この状態ではないでしょうか?

北京にいる私のママ友(小学生2人の母)によると、一人でも濃厚接触者や感染者が出れば全学校の対面授業がオンライン授業に切り替わるそうです。その時に親も一人は仕事を休んで家にいないといけないため、これまで10回以上にのぼる学校の「网课(wǎng kè)」の知らせに、PTSDをもつようになりました。

ちなみにこの「砸手里了(zá shǒu lǐ le)」も、かつての流行語からすっかり定着した言い方です。「砸了」は「失敗、無駄になる」という意味ですので、、、例えば投資のために家を買ったのに、どんどん価格が落ちてしまい、手元に残った家もどんどん古くなっていってしまう。

そんな状況を表す時には「嗚呼!砸了!房子砸手里了!(zá le ! fáng zi zá shǒu lǐ le!)」と表すことができます。

飒(sà)

ここまでお読みいただくとお気づきかもしれませんが、記事で紹介している流行語のほとんどは、コロナ時代の産物ですね。

英姿颯爽(yīng zī sà shuǎng、飒爽英姿とも言う)という言葉があるように、コロナの病院の中を疾風迅雷のように行き来する女医士や看護婦たちは「真飒!(zhēn sà/とてもかっこいい!)」、「又美又飒!(yòu měi yòu sà/美しくてかっこいい!)」と称賛されてきました。

個人的には、日本の女優で言うと天海佑希さんなんかがこの言葉のイメージに相応しいのではないかと思います。ちなみに、男性を褒める時にも使うことがあります。

这位小姐姐工作麻利,特别飒!
(zhè wèi xiǎo jiě jie gōng zuò má lì , tè bié sà!)
このお姉さんは仕事がてきぱきしていて、とても颯爽としている!

日本語に直訳すると「とても颯爽としている!」になりますが、もしより日本語らしくするとしたら「きりっとしている」のようなニュアンスで捉えると良いかと思います。

一度はこの「小姐姐」の言葉を紹介したかったんです!

20~30代の見知らぬ女性に対する呼び方に困っている人、いませんか?

教科書では若い女性を「小姐(xiǎo jiě)」と呼びなさいと書かれていることがありますが、「実は売春婦の意味もあるから下手に使わないほうがいいよ!」と突っ込まれた経験がある方もいると思います。

近年自然と普及してきたのは、発音が可愛らしい「小姐姐(xiǎo jiě jie)」という呼び方です。女子大学生がそう呼ばれると可愛い女の子という雰囲気になり、バリバリのキャリアウーマンがそう呼ばれると綺麗で若いイメージになり、呼ばれた本人も喜ぶ呼び方です。(そのため、中年の男性が言うと、相手にナンパしているような印象になることが多いので要注意!)


今回は、流行語紹介の第3弾として破防(pò fáng)、打工人(dǎ gōng rén)、神兽(shén shòu)、 飒(sà)について紹介しました。

単語だけでなく、その使われた文章、前後の単語もマスターできていれば、第1弾~第3弾の記事で、みなさんの中国語の表現が一段と豊かになってきたはずです!

さっそく、中国人の友人にこれらのフレーズを使ってみて下さいね!どんどん口に出してみることで、使えるようになっていきますよ。


迷わず、挫折せずに中国語を学びたいという方は、自分にあった学習方法をプロの中国語学習コーチに相談することが可能ですので、ぜひ相談してみてください。(無理な勧誘など一切ないので、ご安心ください。)

30秒で完了!

ABOUT US
中国山東省出身。2013年大学院進学のため来日。専門は日本文学だが、来日後は日本人向けのマンツーマン中国語指導も経験し、文法や中国語教授法を体系的に学び、国際漢語教師の資格も取得。その後、「日本人に中国語を教える」ことと「中国人に日本語や日本文学を教える」ことを並行して行った後、現在は大学非常勤講師として日本文学を教えている。中国小説の日本語訳(蕭紅『呼蘭河伝』)の雑誌連載もしている。

本気で中国語を学びたい方のみ募集
確実に中国語力を身につけるなら
中国語コーチングの“the courage”