中国語で「どういたしまして」不客气以外の表現も発音付で紹介

中国語でどういたしまして!「不客气」以外の表現も発音付で紹介
赤木

中国語で最初に勉強するフレーズと言えば「谢谢(xiè xiè ありがとう)」ですね。では、相手が「谢谢」と言ったときは、なんと返事をするのがいいのでしょうか?中国語では「どういたしまして」にあたる表現は「不客气(bù kè qì)」です。この表現、実は感謝の言葉、謝罪の言葉などいろいろな場面で使われます。また、場面によっては他の表現がふさわしいときもあります。この記事では中国語での様々な「どういたしまして」の表現をわかりやすくご紹介していきます。

中国語で一番よく使われる「どういたしまして」

不客气
(bú kè qi)

ブークーチ

最も一般的に使われる「どういたしまして」の表現。「客气」は「遠慮」という意味がありますので、直訳すると「遠慮しないで」という意味になります。

感謝や謝罪など色々な場面で使われていますが、人によっては「友達に使うには少しオーバーかな?」と感じるネイティブもいます。

ありがとうに対して中国語で「どういたしまして」

ありがとうに対して中国語で「どういたしまして」

「谢谢(ありがとう)」には、他にも以下のような返し方があります。

不用谢
(bú yòng xiè)

ブーヨンシエ
どういたしまして

「谢谢(ありがとう)」に対して使える「不用谢(ありがとうはいらないよ)」は、「遠慮しないで」や「どういたしまして」という意味。友達とのカジュアルの場でも仕事の場でも使える便利なフレーズです。

例えば、友達にプレゼントをし、「非常感谢(fēi cháng gǎn xiè フェイ チャン ガン シェ)」(大変感謝しています)と、とても喜ばれるとします。それに対しては、「不用谢,我也很高兴(bù yòng xiè・wǒ yě hěn gāo xìng)」(どういたしまして。わたしもうれしいです)などと返すことができます。

不谢
(bú xiè)

ブーシエ
いえいえ

「不用谢」をさらにカジュアルにしたのが「不谢」。親しい友達や恋人同士、など相手から軽く感謝された時に使えます。

别客气!
(bié kè qì)

ビエクーチ
遠慮しないで

相手が感謝し、恐縮しているような場合には、「别客气!(bié kè qì)」と伝えられます。これは、「そんなに遠慮しないでください」という意味です。「别」は「〜しないで」という禁止表現ですが、相手がややおおげさに感謝している場合は、「遠慮しないで!」と言うことができます。

褒められたことに対して中国語で「いえいえ」「とんでもない」

中国語を話していると、「中国語お上手ですね!」などと褒めてくれるときがあります。そういった場合などの「ほめられた時」は以下のようなフレーズを使うことができます。

哪里哪里
(nǎ li nǎ li)

ナーリーナーリー
いえいえ

もともと「哪里」は「どこ」という意味の単語なので、「どこが?」のような意味で、相手の褒め言葉を軽く受け流す言葉ですね。褒め言葉に対する言葉として最も一般的に使われている表現です。

また、哪里哪里をややカジュアルにしたのが以下の言い方です。

哪里
(nǎ li)

ナーリ
いえ

友達同士など、カジュアルな場面で使える表現です。相手の褒め言葉をより軽く受け流すようなニュアンスなので、「哪里哪里」と重ねて言った方が柔らかい感じになります。

哪儿的话
(nǎr de huà)

ナールダファ
とんでもない

「哪儿的话」は年配の人が使う言葉というイメージがあります。

最近の中国の若い人であれば、「谢谢(xiè xiè)」(ありがとう)と言ってそのまま受け取ることが多いようです。

他にも、褒め言葉に対し、謙遜するときに使えるフレーズをいくつかご紹介します。

过奖了
(Guò jiǎng le)

グゥォ ジィァン ラ
褒めすぎですよ

「そんなに大げさな」というニュアンスのフレーズです。

没那么好
(Méi nàme hǎo)
メイ ナー ムァ ハオ
それほどでも

こちらは「それほどでもないですよ」」という意味の言葉です。

謝罪をされた時に使える「問題ないよ」「気にしないで」

謝罪の言葉への返事の表現も見ていきましょう。

没问题
(méi wèn tí)

メイウェンティ
大丈夫です

最も一般的に使われるフレーズで「大丈夫だよ」というニュアンスです。「ごめんなさい」といった少しシリアスな謝罪から、「ごめん」などの軽めの謝罪への返答として幅広く使えます。

没什么
(méi shén me)

メイシャンマ
どうってことないです

「なんでもないですよ」「いえいえ」という意味の言葉です。

好了,好了
(hǎo le hǎo le)

ハオラ ハオラ
いいよ、いいよ

「分かった、分かった」という意味としても使われますので、相手の謝罪にたいして「気にしないで」と伝えたい時に使えます。ただ、言い方によってはやや不機嫌に「もういいよ」と言っているようにも聞こえてしまうことがあるのでご注意を。

没有〜
(méi yǒu〜)

メイヨウ〜
いいえ〜

「没有」は「ない」という意味の単語ですが、「たいしたことないよ」という意味です。友達同士で使うことができます。また「没有了」(メイヨウラ)と「ラ」を付けると、女性が使うようなやや柔らかい感じになります。

不要紧
(bú yào jǐn)

ブヤオジン
たいしたことじゃないよ

紧は「紧张(jǐn zhāng)「緊張する」の意味です。つまり「緊張しないで(たいしたことじゃないよ)」という意味の言葉です。

相手の謝罪の時の反応によって使い分けができそうですね。

台湾での「どういたしまして」

不会
(bú huì)

ブーホェ
どういたしまして

台湾人には「哪里哪里(nǎ li nǎ li)」などは「中国大陸の言葉」と感じるようですので、場合によっては注意が必要です。台湾では基本的に、「不会(bú huì)」と反応したほうが喜ばれるように思います。

この「不会(bú huì)」はフォーマルな場面からカジュアルな場面まで使えます。また感謝への返事だけでなく、謝罪への返事でも、台湾ではすべてこの「不会」で返答している印象です。

台湾旅行に行ったら、まずはこの「不会(bú huì)」を使えるようにしておくと、会話がスムーズにいきそうです。

おわりに

場面や丁寧さに応じて、使える表現は本当にいろいろありますね。

日本語では、相手の感謝などに軽く会釈するとか、笑顔で返すだけの場合もありますが、中国語では必ずなにかしらの返事をしているよう思います。

毎回「不客气(bú kè qi)」だけではなく、場面に応じていろいろバリエーションを増やしていきたいですね!


短期間でしっかり中国語を身につけたい方は、無料のオンラインカウンセリングで自分にあった学習方法をプロの中国語学習コーチに相談することが可能ですので、ぜひ相談してみてください。(無理な勧誘など一切ないので、ご安心ください。)

30秒で完了!

ABOUT US

赤木
中国語翻訳者。新HSK6合格。学生時代に第二外国語で中国語を勉強して以来、独学で勉強を続け、中国と台湾現地でビジネスを経験する。現在は語学教師、ライターとしても活躍中。座右の銘は「活到老,学到老」。言語学と心理学が好物。趣味は中国語・タイ語学習。

本気で中国語を学びたい方のみ募集中