新々HSK?HSKが6級から9級制に変わる…その時期と概要について

中国語のメジャーな検定試験であるHSK、今は1〜6級で、6級が最高級となっていますが、これが今後1〜9級で、9級が最高級になるという噂があります。(2020年5月20日現在)

【2020年6月17日追記】以下の通りHSK公式から発表があったので、9級制に変わることは間違いなさそうです。そして、1〜6級は級別の受験、7〜9級は級別ではなく、受験した結果何級になるかが決まるというイメージ、そして、1〜6級は今のHSKの1〜6級と同じレベル感かどうかはこの表では触れらていないので、情報待ちとなりそうです。

一体なぜ、いつから、どのように変わるのでしょうか?現段階での情報源は1つの記事のみのようなので、HSKの始まりから、今後どうなっていくのかという点を、今わかっている範囲で紹介していきます。

HSKの始まり

HSKとは汉语水平考试(Hànyǔ Shuǐpíng Kǎoshì)、つまり「中国語レベルテスト」の中国語読みの頭文字をとったもので、Wikipediaによると、始まったのは1992年からのようです。

1984年にHSKは北京言語学院(今の北京語言大学)で開発が始められ、1992年に中国国内で正式に国家レベルのテストとして実施された

Wikipediaより引用

始まった当初の等級は1級〜11級で、今のように1〜6級になったのは2010年のリニューアル後からです。リニューアル後のHSKを、それ以前の1級〜11級のHSKと分けるために新HSKと呼ぶこともあります。

つまり、今のHSK=新HSKです。

新HSK(今のHSK)へ変わった経緯

なぜ1~11級のHSK(旧HSK)はわざわざ6段階のHSKに変えたのでしょうか?

一番わかりやすい理由としては、世界中の異なる言語の能力を同じものさしで測ることができる6段階のCEFR(セファール)という基準に合わせたためです。

CEFR(セファール)とは

例えば、フランス語を勉強してるAさんと、イタリア語を勉強しているBさんがいたとすると、その2人の学んでいるそれぞれの言葉のレベルはどちらが高いか、判断がつきにくいです。でも、CEFR(セファール)があれば「僕のフランス語はCEFR(セファール)のB2だよ」「俺のイタリア語はCEFR(セファール)でC1さ、俺のイタリア語の方が君のフランス語よりもレベルが高いね。」とすぐにわかるというものです。

英語の試験であるTOEICやTOEFLと比較することも可能で、それぞれの公式サイトの内容などをまとめると以下のようになります。

画像1

TOEIC&CEFRの比較の出典:こちら
TOEFL&CEFRの比較の出典:こちら

表を見ていただくと、HSKの6段階はCEFR(セファール)の基準とピッタリ合うように設計されていることがわかります。

伊地知

実は、HSK6級が本当にC2レベルなのかどうかという点は少し問題になっています。私の個人的な感覚値としてもHSK6級はCEFRでいうとだいたいB2~C1くらいかなという感覚です。ただ、合っているかどうかは別として、合わせるように設計したということはわかりますね。

新々HSK(9級制)になるのは本当か?

結論として、2020年5月20日現在、新HSK(6級制)が新々HSK(9級制)になるのかどうか、明確なことはわかっていません。

ただ、現時点で新々HSK(9級制)になるという噂のソースは「HSK将变成9级!汉语水平考试3.0时代即将来临」という記事のみのようです。そして、この記事の信憑性にについては、HSK公式の発表ではないので不明です。(発信している企業の情報はこちらからご覧いただけます。)

新々HSK(9級制)になるとしたら、いつから、どのように変わるのか

ソースの信憑性は不明とはいえ、ソースが1つしかないので、前述の「HSK将变成9级!汉语水平考试3.0时代即将来临」に書かれていることが正しかったと仮定し、記事の内容を大まかに「 」の通り翻訳・要約しながら新々HSK(9級制)の概要について説明していきます。

全体的な話をすると「これまで1.0の開始時期と2.0の改革時期があり、今度3.0改革、つまり新々HSK(9級制)への変更がある」というものです。

【新々HSK(9級制)になるとしたら、いつから、どのように変わるのか】という点をメインに見ていくので、その他の余計な箇所は省略していますが、もし気になるようでしたら原文を確認してみてください。このページを見ていただくだけで把握できるように書いていきます。

記事の冒頭部分で新々HSK(9級制)になると明言

今年,HSK已经到了而立之年。而HSK也将进行第二次改革。

https://mp.weixin.qq.com/s/48yDq48T_WzCjfD9uT4laA

「今年HSKができてから、すでに30年がたち、これから第2次改革を行うことになります。」と言い切っています。

HSK有什么用呢?类似托福雅思,外国学生申请中国的大学时是需要HSK成绩的,教育部规定,来华留学生需要在校期间获取相对应的HSK成绩。很多日韩企业也需要员工有HSK成绩。HSK成绩不单单是一个汉语水平的能力说明,更关系到留学、奖学金、找工作。

https://mp.weixin.qq.com/s/48yDq48T_WzCjfD9uT4laA

「HSKは、TOEFLやIELTSのように、中国以外の学生が中国の大学に入学したい時に必要になる。また、日本や韓国の企業でも求められることがある。つまり、HSKのレベルはただの成績ではなく、留学や奨学金、そして就職など、そうしたことに繋がるものです。」

伊地知

つまりここでは「HSKは大切な試験です」ということを言っています。

【1.0】で旧HSK(11級制)について説明

1997年,确立了HSK(基础)、HSK(初、中等)和HSK(高等)3等11级考试结构。1992年,《中国汉语水平考试(HSK)办法》发布,规定汉语水平考试是测试母语非汉语者的汉语水平而设立的标准考试。汉语水平考试汉语拼音han yu shui ping kao shi,首字母缩写为HSK。这样就确立了HSK作为中国国家级考试的地位和HSK的品牌。截至2003年,HSK考试在海外29个国家设立了46个考点,考生人数达2.6万人。

https://mp.weixin.qq.com/s/48yDq48T_WzCjfD9uT4laA

「1997年、HSK(基礎)、HSK(初、中等)、HSK(上等)の3等級で、全部で11級のテストが確立された。(1~3:基礎、3~8:初中等、9~11:上等)1992年には「中国汉语水平考试(HSK)办法」が発布され、HSKは中国語を母国語としない人の中国語能力を測るための基準になり、中国での国家試験としてのブランドを確立した。 2003年現在、HSKは海外29カ国46カ所で実施、受験者数は26,000人に達している。」

伊地知

つまり、ここではいわゆる旧HSK(11級制)の概要を説明していて、気になる新々HSKについては触れられていません。

【2.0】改革で現行の新HSK(6級制)について説明

新HSK的变化主要有四点:一是确立了以学习者为中心的理念,坚持“考教结合、以考促学、以考促教”原则;二是将考试级别从3等11级变为6级,让跨度更和缓。并对词汇量进行了调整,特别是针对初学者,将HSK1级汉语词汇量要求调整为150词;三是引入先进的主题式、任务式“教”“学”方法,使汉语学习更加贴近真实语境。2014年陆续出版的《HSK标准教程》受到广泛欢迎,全球使用者已超过150万人;四是考试服务水平大幅提升。网上咨询、报名和查询成绩早已是家常便饭,网络考试覆盖率超过40%,同时还陆续推出了基于大规模题库和人工智能的自适应考试、居家考试、汉语水平智能诊断分析等服务。改革10年来,HSK考试发展迅速,截至2019年底,在全球150个国家设立了1229个HSK考点,2019年考生人数达80万人。

https://mp.weixin.qq.com/s/48yDq48T_WzCjfD9uT4laA

「新HSKのメインとなる変更点は4つあります。
①学習者中心の考え方に基づき、試験とその指導を組み合わせ、試験を目標にした学習がしやすく、教えやすくする。
②レベルを3等級11級から6級制に変え、級の間のレベル差をより緩やかにする。
③中国語学習を、より実際の文脈に即したものにするため、先進的なテーマ・課題別の教授法・学習法を導入する。
④試験のサービスレベルを大幅に向上し、ネットでの問い合わせが〜〜〜省略」

伊地知

これも、いわゆる新HSK(6級制)の概要を説明していて、まだ新々HSK(9級制)の話は出てきません。

【3.0】新々HSK(9級制)になるとしたらどんな試験になるの?

随着海外中文教育的发展,以及以《欧洲语言共同参考框架》(CEFR)和《美国外语教学委员会量表》(ACTFL)为代表的国际语言标准新理念,越来越多人意识到,通过顶层设计,建设研发一套超越HSK考试本身,用以指导国际中文学习、教学、考试与评估的汉语水平等级标准,刻不容缓。

https://mp.weixin.qq.com/s/48yDq48T_WzCjfD9uT4laA

「中国語教育の発展に伴い、CEFRなどを代表とする国際言語基準の理念に基づき、最高レベルでの設計をしないといけないと考える人が増えた…省略」

伊地知

ここは中国語教育も発展しているので、HSKもより国際基準に基づき改善をしていく必要があるという背景の話ですね。いよいよここから具体的に新々HSK(9級制)の話になります。

2015年起,孔子学院总部在数十名中外专家学者和中国国家语委的支持下,开始了新的标准研发。经过5年的努力,新的《汉语水平等级标准》诞生了,主要有三方面突破:一是体现汉语独特性,确定音节、汉字、词汇、语法的四维语言量化指标体系,以准确锚定学习者的汉语水平;二是根据汉语教学和学习进阶分为“初、中、高”的惯例,以及CEFR、ACTFL等国际语言标准分为初级、中级和高级三个阶段的习惯,结合海外学习者和HSK考试现状,将新的标准分为三等九级(如表1)。与HSK的考试要求相比,不仅增加了音节、汉字的项目要求,而且对词汇量,特别是高等7-9级的词汇要求有较大提高;三是借鉴广受认同的语言学习理论,特别是巴赫曼等的交际语言能力模型,结合汉语特点,对各等、级,采用语言量化指标、言语交际能力和话题任务内容3个语言水平维度和听、说、读、写、译5个技能维度,即“3+5”的新路径对学习者的汉语水平进行全方位、立体系统地描述(如图1)。

https://mp.weixin.qq.com/s/48yDq48T_WzCjfD9uT4laA

「2015年から孔子学院本部は、数10人の中国内外の専門家や学者、中国国家言語委員会の支援のもと、新基準の開発を開始した。そして、5年の努力の末、新しい《汉语水平等级标准》が誕生した。これには主に3つのブレークスルーがある。

  1. 学習者の習熟度を正確に測るために、中国語の独自性を反映し、音節、文字、語彙、文法、4つの言語分野を定量化するシステムを体現。
  2. 教育・学習の進捗状況を「初級・中級・上級」に分ける慣例、また、CEFRやACTFLなどの国際言語基準でも初級・中級・上級の3段階に分けているという慣例に基づき、海外の学習者やHSK試験の現状と合わせて、新基準は3等級、9級に分けられている(表1)。HSK試験の要求事項と比較して、音節と漢字の項目要求事項が増加しただけでなく、語彙の要求事項、特に上位7~9レベルの語彙の要求事項が大幅に増加しています。
  3. 広く受け入れられている言語学習の理論、特に巴赫曼(バッハマン?)などの国際言語能力モデルに基づき、中国語の特性を組み合わせた「3+5」の新ルートは、言語量指数、国際言語能力、話題内容の3つの言語レベルと、聞く、話す、読む、書く、翻訳の5技能を用いて、学習者の中国語能力を各レベル、各学年ごとに包括的、立体的、体系的に表す。」
伊地知

もちろん細かい出題形式については触れられていませんが、ここでハッキリと新々HSK(9級制)の概要が出てきました。以下の通りの9級制になるとのこと。そして今後は「言語量指数、国際言語能力、話題内容」と「聞く、話す、読む、書く、翻訳」の3+5技能という多方面から実力を測ることで、より正確・立体的に中国語レベルを測定できるようになるということですね。もしかしたら今のHSKのように筆記とスピーキングが別れているものも、統合されるかもしれません。また、求められるものが増えることで、難易度は相対的に上がると思われます。ただ、今の最高級である6級の上に3つの級を加えるという設計ではなさそうですね。

画像3
https://mp.weixin.qq.com/s/48yDq48T_WzCjfD9uT4laAより

【3.0】新々HSK(9級制)になるとしたらいつから変わるの?

では、いつから新々HSK(9級制)に変わるのかということですが、これは情報元の記事に一切記載がありません。また、私の身近な中国語試験ウォッチャーにも確認しましたが、「正式は発表が無いので、当然開始時期もわからない、そもそもソース記事の真偽も不明」とのことです。何れにしても、正式発表があるまで、急に変わることはないので、2020年内に変わる可能性は非常に低いと思われます。

【2020年6月17日追記】以下の通りHSK公式から発表があったので、9級制に変わることは間違いなさそうです。現段階では公式ツイートではIn2020との記載のみありますが、その他詳細は記載がないため、具体的時期は不明という状況です。

動画でも解説

こちらの動画でも今回の変化について説明しています。その他の動画も中国語学習に役立つものばかりですので、ぜひ併せてご覧ください。

最後に〜今できることは?〜

今までTOEICなどの英語の試験も形式を変えることがありました。その大きな目的の一つとして挙げられるのが、より正確に実力を測れる試験にするというものです。今回のHSKの改革も(記事の内容が正しければですが)より正確に中国語の実力を測れるようにするというものです。

よく「試験では高得点をとれるけれど、実際にはあまり話せないんだよね。」ということを聞きます。こうしたことがあまり多いと、検定試験としての信頼性が失われてしまうので、今回もこの実際の力と検定のギャップを少しでもなくそうという動きです。

これは簡単にいうと、テスト対策だけの勉強では高得点が取りにくくなる、ということです。

語学の試験は「実力」&「試験対策」の両輪が必要です。その比重がやや変わってくるかもしれないですね。ただ、私たちに今できるのは、中国語の実力を焦らず弛まず高め続けるということです。もし本当に新々HSK(9級制)になるとしたら、その具体的な出題内容が明らかになったタイミングで「試験対策」をすれば良いです。試験が変わる!と聞くと少しドキドキしますが、私たちは私たちに変えられることに目を向け、淡々と努力を続けていきましょう。


中国語コーチングのthe courage(カレッジ)では無料の学習相談を受け付けております。無理な勧誘など一切ありませんので、是非お気軽にご連絡ください。

ABOUT US

伊地知太郎
中国語コーチングの第一人者
大学在学中、中国の北京師範大学に留学し、1年で中国語力をビジネスレベルにまで高める。帰国後、三菱重工業株式会社にて海外人事・資材調達業務を経験。その後、語学コーチングスクールPRESENCEにて700名以上の受講生の語学学習をサポート、コーチの育成や中国語コースの立ち上げを経て、語学コーチングスクールthe courage(カレッジ)を設立。

本気で中国語を学びたい方のみ募集中