中国語で春節・新年の挨拶「あけましておめでとう!今年もよろしく!」

中国語であけましておめでとう。今年もよろしく

近年日本でも認知度が上がってきた中国の「春節(しゅんせつ)」。旧暦の1月1日のことで、中国では人々は毎年この大型連休を心待ちにしています。

キミ

中国ではどんなふうにこのイベントを過ごすのか、春節に使える中国語のフレーズとともに解説していきます。

中国語であけましておめでとう!

中国語であけましておめでとう

旧正月(春節)に使える中国語のあけましておめでとう

(祝你)新年快乐 ((zhùnǐ)xīnnián kuàilè)(ジューニー)シンニェンクァイラ

こちらは「楽しいお正月でありますように」という意味で、年内にも年明けにも使えます。

新年好 (xīnniánhǎo) シンニェンハオ

年明けに「あけましておめでとう」という時に使います。

西暦のお正月(元旦)に使える中国語のあけましておめでとう

元旦快乐 (yuándàn kuàilè) ユェンダンクァイラ

元旦は西暦1月1日のことです。中国では西暦のお正月に何かするわけではありませんが、形式的に言うだけ言う、という感じです。

中国の正月(元旦)と春節

中国の正月(元旦)と春節

お正月と春節の違い

中国では西暦1月1日のことを元旦 (yuándàn) ユァンダン と言い、旧暦1月1日のことを新年 (xīnnián) シンニェン / 春节 chūnjié (チュンジエ) と言って区別します。中国で祝われる「お正月」は、後者の春节( chūnjié)チュンジエ です。日本は明治時代に西洋に倣って西暦を採用しましたが、中国をはじめ他の東アジア、東南アジア諸国では、お正月を旧暦で祝います。この地域で旧暦のお正月が何月何日か気にも留めていないのは、実は日本だけだったり。ちなみに2021年の春節は西暦2月12日です。

正月と春節のそれぞれの過ごし方

中国では西暦1月1日は特別な祝日ではありません。一般的に元旦の1日はお休みになりますが、他は通常稼働です。これに対し、旧暦1月1日の春节(chūnjié)チュンジエ は、5月の労働節、10月の国慶節と並ぶ大型連休です。都市部で働く人々はみな故郷に帰り、家族との団欒を楽しみます。2020年はちょうどコロナウイルスが拡大し始めた時期に春節が当たってしまったため、春節の帰省ラッシュに乗って感染が一気に拡大したとも言われています。それほど春節前後の民族大移動(春运 chūnyùn チュンユン)は、距離も人数も大規模なものです。

中国と日本の正月の違い

伝統的な中国の春節の過ごし方は下記のようなものです。

大掃除

旧年中の汚れを払い、新たな気持ちで新年を迎えるため、中国でも年末大掃除をします。除尘(chúchén)チューチェン(埃を取り除く)の尘(chén)チェンは陈 (chén)チェン(古いもの)と同じ音のため、古いものを取り除くという言葉遊びになっています。

玄関先に飾りをする

家の門の両脇に春联(chūnlián)チュンリェンと呼ばれる左右対句の赤い飾りをします。伝統的には家の主が家族の健康や繁栄を願って書くものでしたが、今では市販のものが多くあります。また、扉には福の字を逆さにした赤い飾りを付けます。これは 倒福(dàofú)ダオフー(逆さの福)と 到福(dàofú)(福が来る)が同じ読みであることに由来する縁起担ぎです。日本の正月飾りは処分する日が決まっていますが、中国の正月飾りは一年中飾りっぱなしです。

紅白歌合戦的な番組

中国中央電視台の「春节联欢晚会」(chūnjié liánhuān wǎnhuì)チュンジエリェンホァンワンホイは、1983年から続く除夕(chúxī)チューシー(大晦日)のご長寿カウントダウン番組です。近年他局に押され気味のようですが、このあたりも紅白歌合戦に似ていますね。

大晦日の団欒

出稼ぎの人も必ず故郷に帰って春節を迎える中国。帰省して家族で正月を過ごすことにかける熱意は、日本よりもずっと強いように感じます。そんな家族の大晦日のごちそうは年夜饭(niányèfàn)ニェンイェファン、团年饭(tuánniánfàn)トゥァンニェンファンと呼ばれます。

餃子(水餃子)は形状が古代の貨幣に似ているため、縁起物として春節に好んで食べられます。
麺は主に南方で、長い形状から長寿の願いを込めて食べられています。
魚はyú ユー という発音が余yú と同音のため、余裕(ゆとり)のある生活への願いを込めて食べられます。

爆竹

爆竹には魔を払う意味があります。除夕(chúxī)チューシー(大晦日)の夜遅くからあちこちで爆竹が鳴り始め、年越しの瞬間には爆竹音がピークに達し、花火も上がり、年越しムードが一気に盛り上がります。近年では都市部を中心に爆竹を規制するところが増え、騒音問題かと思いきや、なんと大気汚染問題でした!大気汚染が起こるほどの爆竹が放たれていたとは驚きです!

赤いものを身につける

赤は中国では魔除の色とされています。結婚式の花嫁の衣装も赤です。春節には縁起がいいこの赤を身につける人が増えます。下着や靴下などが人気なようです。

お年玉

日本のお年玉は主に大人から子供に渡すものですが、これを中国では压岁钱(yāsuìqián)ヤースイチェンと言います。中国ではこの他に红包(hóngbāo)ホンバオがあり、祝儀のようなもので目上の人から目下の人に渡します(社長から従業員へなど)。電子決済先進国の中国、近年では友達同士や企業から顧客へ、電子マネーで红包を送ることもあるようです。

親戚の挨拶回りと墓参り

新年の挨拶をすることを拜年(bàinián)バイニェンと言います。

お寺で初詣

長さが40〜50cmくらいある線香に火をつけ、周囲四方向に向かってそれぞれ願い事をします。お寺の敷地内は巨大線香の煙でモックモクになります。旧暦1月15日の元宵节(yuánxiāojié)ユェンシャオジエに元宵(yuanxiāo)ユェンシャオまたは汤圆(tāngyuán)タンユェンと呼ばれる餡が入った温かい白玉団子を食べたら、春節は終了します。近年では親族みんなで旅行に出かけたり、レストランで食事したりする家族も増えてきています。

春節の雰囲気

また、日本と特に違う点は実店舗が新年初売りをほとんどやらないことです。中国のお正月はとても静かです。みんな家にこもって家族と過ごすため、外に出て買い物をする人もいなければ、売る人もいない。近年では日本の「福袋」が中国人観光客の心を掴んだこともあり、日系のデパートなどでは福袋を展開しているところもあります。またオンラインショップでは大々的にセールを行います。大型連休で時間はあるし、ボーナスも出てお金もある、中国人の財布の紐が緩むときです。

中国語で今年もよろしくお願いいたします

中国語で今年もよろしくお願いいたします

日本だと「あけましておめでとう」のあとは「今年もよろしく」と続きますが、中国語では以下のような言葉が続きます。

基本形は祝你新年快乐+4文字+4文字です。

挨拶の例

祝你新年快乐 身体健康 生意兴隆!
祝你在新的一年里身体健康 幸福多多!

身体健康(shēntǐjiànkāng)シェンティジェンカン
健康でありますように!

万事如意 (wànshìrúyì) ワンシールーイー 
全てが意のままに運びますように!

合家平安 (héjiāpíng‘ān)ハージァーピンアン 
家族みんなが平和でありますように!

年年有余 (niánniányǒuyú) ニェンニェンヨウユー 
どんどんゆとりができますように!

恭喜发财 (gongxǐfācái) ゴンシーファーツァイ 
お金が儲かりますように!

心想事成 (xīnxiǎngshìchéng) シンシァンシーチェン 
願いが次々叶いますように!

生意兴隆 (shengyìxīnglóng)シェンイーシンロン 
商売が伸びますように!

○年大吉 (○niándàjí) ○ニェンダージー(○には干支の一文字)
○年がいい年でありますように!

ちなみに来年2021年は丑年なので、牛年大吉!(niúnián dàjí) ニウニェンダージー となります。

正月に関する中国語

正月に関する中国語

正月(zhèngyuè)ジェンユエ

旧暦1月1日のことを指します。

元旦(yuándàn)ユァンダン

西暦1月1日のことを指します。

大年初一(dàniánchūyī) ダーニェンチューイー

旧暦1月1日のことを指します。

年前(niánqián) / 年后 (niánhòu) ニェンチェン / ニェンホウ

年内/年明けの意味ですが、一般的に旧暦の年内/年明けの意味になります。

春运(chūnyùn)チュンユン

春節前後の民族大移動(帰省ラッシュ)のこと。

拜年(bàinián) バイニェン

新年の挨拶をすること。

除夕(chūxī)チューシー

旧暦の12月31日(大晦日)のこと。

压岁钱(yāsuìqián)ヤースイチェン

子供に渡すお年玉。

红包(hóngbāo)ホンバオ

目上の人から目下の人へ渡すご祝儀。

爆竹(bàozhú)/ 鞭炮(biānpào)バオジュー / ビェンパオ

どちらも爆竹のことです。

中国の正月のまとめ

中国企業との取引が多い私にとって、春節は恐ろしい行事です。なぜならありとあらゆるものの生産と物流がほぼ1ヶ月にわたって停止し、春節後は工場の工員が大幅に減り、取引先の担当者が忽然と姿を消し…などの事態が多々発生するからです。なので毎年12月になったら、12月〜翌年3月までを見越してわたわたと動き出さなければなりません。日本の正月とは色んな意味でスケールが違うな、と毎年感じます。

何はともあれ春節は全中国人が心待ちにしている行事なので、中国のお知り合いにはぜひ新年の祝賀を送ってみてくださいね!きっと喜んで祝賀の言葉を返してくれることでしょう。


中国語の学習方法については、プロの中国語学習コーチに相談することも可能です。中国語コーチングのthe courageでは無料のオンラインカウンセリングを受付中なので、トレーニング方法について是非相談してみてください。(無理な勧誘など一切ないので、ご安心ください。)

ABOUT US

キミ
神奈川県出身。高校の卒業旅行で行った雲南省のニイハオトイレで中国の大ファンになり、大学時代に北京に留学。一般企業、病院、老人ホームなど迷走していたところを今の中国人社長に拾ってもらい、現在中国の取引先と日々格闘中。純日本人ながら独学で中国語を習得し、ビジネスでも中国語を駆使している。

本気で中国語を学びたい方のみ募集中